trip and life

韓国 釜山海雲台【SHILLA STAY Haeundae】選んで良かった理由!

f:id:enjoy50s:20190106100843j:plain
去年最後の旅の締めくくりとして、釜山に行って参りました。

情報では、冬の釜山はかなり寒いようで、九州と近い位置にあるのですが、

釜山の方が朝、夜はかなり冷えるようです。

特に海沿いは、寒さがキツく観光で12月に訪れる人は少ないようです。

その環境を知りながらあえて、ビーチ沿いのホテルを探すことにしました。

よく利用する予約サイト「アゴタ」で見つけたのが「SHILLA STAY Haeundae」ホテルでした。

実際行ってみると、情報とは少し違い快適に過ごすことができました。

そのホテルの紹介したいと思います。

 

 

 金海国際空港から海雲台までのアクセス!

沙上駅~海雲台駅(ヘウンデ)まで約45分f:id:enjoy50s:20190101125611j:plain

引用:ホームページ

金海国際空港の正面から出ると、金海軽電鉄の乗り場がスグにあります。

便利な日本のスイカのようなカードがあります。

釜山で購入した交通カード

f:id:enjoy50s:20190101121558j:plain

カードのデザインは他にも種類があります。

空港内及び駅のコンビニで販売しているので、事前に購入することをおススメします。

※自動券売機では、このカードは購入できないので注意して下さい。

カード購入金額が日本円で約400円ぐらいかかります。

家族が多い場合、人数分の購入になるので、予定外の出費になりますが、便利さをとるか節約するかは、所持金との相談になるかと思います。

このカードがあると、お金のやり取りがないので非常に便利です。

カード使用前にはチャージが必要

チャージ金額を選ぶ。f:id:enjoy50s:20190101124141j:plain

引用:交通機関ホームページ

金額は画面に表示されていますので、ボタンを押してお金をいればOKです。

W5,000で日本円で約500円ぐらいです。

このカードでコンビニでも買い物もできるので便利。

海運台の駅構内

f:id:enjoy50s:20190104145122j:plain
人は少なく、駅構内は地上からの風が入りかなり寒いです。

駅構内は「カフェ」が1店舗ある程度で他にはお店にないです。

地元の親切な人に出会った!

出口が分からず、informationの方も留守で、何番出口に出るのかも分からずウロウロしていると、駅で何かを宣伝していた女性スタッフがいたので、その方にホテルの情報を聞く為に、日本語で話しかけると少し理解できるようでした。

親切にスマホで検索して、日本語に翻訳して見せて頂きました。

5番出口のエレベーターで上がるようにと翻訳されていました。

ホテルは近いから歩いて行けるよとカタコトの日本語で教えて頂きました。

とても親切な方で助かりました。

エレベーターで地上に上がります。

f:id:enjoy50s:20190101132325j:plain

地上に上がるとこのような飲食店がたくさん並ぶ通りに出ます。

ホテルまでは徒歩で約7分ぐらいですが、とにかく冷たい風が吹いています。

釜山では、ほとんどの人がロングダウンを着ています。

余談ですが、デパートで売られている殆どがロングダウンです。

近代的なビジネスホテル「SHILLA STAY」

f:id:enjoy50s:20190101133530j:plain

入口を入ると長いエスカレーターがあります。

f:id:enjoy50s:20190101133625j:plain

エスカレーターを上がるとチェックインカウンターのロビーがあります。

f:id:enjoy50s:20190101134101j:plain

外から入る日差しが、暖かくここのロビーはとてもリラックスできます。

f:id:enjoy50s:20190103120301j:plain

12月27日現在、何故かクリスマスツリーが飾られています。

f:id:enjoy50s:20190101134237j:plain

15階の部屋から眺める早朝の風景

f:id:enjoy50s:20190103120347j:plain

部屋からの眺めは、海が一望できる素晴らしい眺めです。

部屋は暖かく過ごしやすい。

f:id:enjoy50s:20190103194256j:plain

部屋に入ると暑くて、南国にいる気分になります。

予想していなかった部屋で、改めてこのオーシャンビューにしてよかったです。

f:id:enjoy50s:20190103194358j:plain

ダブルベットとシングルベットが設置してあり、3人で宿泊可能の部屋のようでした。

f:id:enjoy50s:20190104124920j:plain

バスタブは大きめで、湯船でゆっくりでき、旅の疲れが癒されます。

シャワー室は別になっていないタイプです。

ビジネスホテルでも、アメニティもそろっているので、ありがたいです。

2階のカフェレストラン

f:id:enjoy50s:20190104144615j:plain

レストラン内の風景

f:id:enjoy50s:20190104145003j:plain

朝食はビュフェスタイル、韓国料理、西洋料理、サラダと果物などがあります。

 

f:id:enjoy50s:20190104145216j:plain

韓国ラーメンと卵料理のコーナーは、オーダー式になっているので、お好みの具材で作って頂けます。

但し、日本語は全く通じないので、英語でのやりとりが必要になります。

f:id:enjoy50s:20190104152720j:plain

スープ、お粥、ベーコン、ソーセージ、ポテトなど。

f:id:enjoy50s:20190104150700j:plain

ドリンクは、コーヒーをはじめオレンジ、グレープフルーツジュースなどあります。

f:id:enjoy50s:20190104152631j:plain

デニシュ類も充実しています。

f:id:enjoy50s:20190104152653j:plain

トースト以外にもフランスパンもあり、バターやジャム類もそろっています。

朝食は2回利用していますが、メニューは同じでした。

味はどうであったかは、個人差もあるのですが、良くも悪くもない。

味付けは、全体的に辛く、苦手な人はちょとつらいかもしれません。

韓国料理のレストランは殆ど辛い味付けになっています。

 

最後に!

今回利用したホテルの宿泊料金を紹介します。

オーシャンビューで、朝食付き、約23,000円。

金額だけをみると安くはないのですが、それ相当の満足感は体験できます。

但し、宿泊日により、価格は異なるので、安く宿泊できる日もあります。

釜山のこの海岸エリアは、西面などの街中とは全く違います。

この後に、西面のホテル「TT」に移動するのですが、場所が変われば環境もかわり、色々と比較することができ、いい体験ができたと思います。

私は、海沿いの海運台がとても好きになりました。

 釜山に行かれるようでしたら、何かの参考にして頂ければ幸いです。

 

 

www.enjoy50s.com

 

 

www.enjoy50s.com