trip and life

台湾、【THE Landis Taichung】ザ・ランディス台中 、おススメホテル‼

海外旅行で人気の高い台湾、その中でも、台中はまだそれほど人気はなく、訪れる人も少ない、しかし、一度訪れると何故かまた行きたくなる。

最近では、おしゃれなカフェも増えているようで、スターバックスコーヒーもあちこちに店舗があり、地元の人で賑わっています。

ランディス台中、地元ではホテルワンと呼ばれています。

f:id:enjoy50s:20181206140542j:plain

 台北のランディスには幾度か宿泊し、そのサービスの良さと安全性はお墨付きです。

そのサービスを提供している老舗ホテル、台中のランディスに宿泊するのは今回が初めて宿泊してみて台北のランディスとの比較も含めて紹介します。 

 

ザ・ランディス台中はこんなホテル。

台中には珍しい46階建ての高層ホテルです。

台北と同じく、欧米人やインド人が多く宿泊しています。

入口の回転ドア入ると目の前にこじんまりしたロビーがあります。

f:id:enjoy50s:20181206142102j:plain

そしてフロントデスクには2名のスタッフが対応しています。

会話は中国語と英語ですが、日本語が少し話せるスタッフがいます。

チェックインは問題なく終了。

ここではスタッフが部屋まで案内、そして部屋内の設備の説明もあります。

1階ロビーにある素敵なカフェ。

f:id:enjoy50s:20181206142404j:plain

このカフェでは、パン・ケーキ・焼き菓子・コーヒーを販売しています。

店内利用とテイクアウト、どちらでも利用できます。

台北のランディスにあるパン屋さんで、何度も購入して味は保証付き、とくにかくクロワッサンがバツグンに美味しい。 

高層階の部屋はとにかくすばらしい!

予約した部屋がアップグレードされて42階の高層階フロアに宿泊することになる。

エレベーターで42階まで、さすがに少し耳が詰まる感じがする。

エレベーターはゆっくりと上がり、27階からが一般宿泊のフロアになります。

ドアを開けるとミニバーがあります。

f:id:enjoy50s:20181206144755j:plain

結局このミニーバーは一度も使うことはなかった。

f:id:enjoy50s:20181206144923j:plain

大画面のテレビとビデオデッキがあり、両サイドにスピーカがあります。

パソコンを使用するのに適した環境、ビジネスで利用する人が多いのかも。

横の棚にはプリンターも設置してあり、ペン・消しゴム・ノート、クリップまでそろっています。

ビップのビジネスルームのようです。

レストルームは驚きの広さ。

横に長く大きな鏡が2ヵ所ついているのせいか広くみえる。

f:id:enjoy50s:20181206212433j:plain

バスルームから外の夜景が眺められるのが素晴らしいかった。

バスタブも大型サイズで、欧米人にちょうどいいサイズのようです。

身体の大きい方でもゆったりとくつろげる大きさで、横のシャワースペースも広い。

f:id:enjoy50s:20181206212451j:plain

大きな鏡があり、テレビが映るモニターまであります。

トイレも広く、アメニティ、ドライヤー全てが揃っています。

電源は特別なコンセントは必要なく、そのまま使用できます。

ゆっくりくつろげるソファーもあります。

f:id:enjoy50s:20181206213134j:plain

ベットはキングサイズでこんな感じです。

ベットは硬くもなく柔らかくもなくちょうどいい硬さ。

枕はふたつ、柔らかいのでペシャンコになります。

f:id:enjoy50s:20181206213246j:plain

両サイドには、室内の灯りを調整するスイッチがあり、カーテンもボタンで自動開閉。

読書用のスポットライトもあるので、夜に横になって本が楽しめます。

 

 ipadで簡単にサービスが利用できるシステムがとても便利。

知りたいサービスをタッチすると情報がすぐに得られる非常に便利な端末。

f:id:enjoy50s:20181206213838j:plain

特に便利なのが、モーニングコール、ルームサービスの注文、レストランの予約、観光名所など。

f:id:enjoy50s:20181206213934j:plain

部屋の空調から温度まで調整できる。

f:id:enjoy50s:20181206214103j:plain
部屋のハウスキーパーの「客室掃除・靴磨き・ランドリー・入室お断り・ベルボーイ」希望の有無など、このipadで管理できる便利なシステムになっています。

ルームサービスを注文する。

ipadからルームサービスで注文すると、すぐに確認の電話があります。

注文に間違いがなければ、そのままお願いすればOK。

20分ぐらいで部屋に届き、サインと部屋番号の記載でOKです。

朝食は28階フロアでビフェスタイル。

f:id:enjoy50s:20181206225725j:plain

朝6時30分からオープンします。

殆ど欧米人のビジネスマンと中国人で、日本人は宿泊中ほとんど見ていない。

f:id:enjoy50s:20181207082358j:plain

眺めも良くて、食事も美味しい。

f:id:enjoy50s:20181207085443j:plain

レストラン内は広くて綺麗、太陽の日差しも入り店内は明るい。

f:id:enjoy50s:20181207083308j:plain

美味しそうなパンが多く並んでいます。 

f:id:enjoy50s:20181207083411j:plain

 クロワッサンやディッシュ類はとても美味しいです。

f:id:enjoy50s:20181207084136j:plain

食パンのみみの部分が、カットしているものとしていないものがあります。
食べやすくしているのだと思いますが、私はこちらを選びました。

パン焼きも2台置いているので混むこともなくスムーズ。

また、バターやビーナッツバターとジャムなども各種あります。

f:id:enjoy50s:20181207085516j:plain

食事は種類別にコーナーが分かれています。

ここでは、ドリンク・台湾料理・西洋料理・フルーツなどがあります。

卵料理はお好みで注文できます。

 ホテルの特徴!

ここのホテルは26階まではビジネスフロアになっているため、ビジネスマンが多く宿泊しています。

マナーのいい人が多く、サービスのクオリティが高いホテルだと思います。

マイナス的なところは、アットホーム的なところはないです。

そしてもう一つは、日本語が話せる人が常時いなので、部屋から何か尋ねる時は英語になります。

ホテル周辺状況!

f:id:enjoy50s:20181207213938j:plain

ホテル周辺には大きな公園がいくつもあり、朝そこに行くと地元の年配の人達が、太極拳・カンフーダンスなどグループ別に練習をしています。

日本ではまず見れない珍しい光景で、これを見るだけでも値打ちがありそう。

夕方になると多くの年配者が公園で、台湾将棋をあちこちで楽しんでいます。

今の日本とは違い多くのリタイアした年配の人が公園に集まり楽しそうです。

台北と台中のランディスの比較。

サービス内容と部屋についてはまったく違いはなく快適でした。

レストランは利用していないので比較はできないのですが、台北のランディスのレストランは1階にあるので気楽に利用できる。

朝食は台中の方が台北より種類が多く、食事はすごく楽しめる。

結果どちらもいいホテルで、利用する価値はおおいにあると思います。