trip and life

SPG アメックスカードを持つことで得られるステータス!

スターウッドプリファードゲスト・アメリカン・エキスプレス・カードを略してSPGアメックスと言います。

そのカードを持つことで得られる特別なサービスが約束されます。

いったいどのようなカードなのか、また実際、ホテルに宿泊して本当にそのステータスのサービスを得る事ができたのか、実体験も含めて簡単に紹介させて頂きます。

 

 

SPGアメックスカード

f:id:enjoy50s:20181114214710p:plain

引用:アメリカンエキスプレスカードWebページ 

 

SPDカードとは!

アメリカンエキスプレスSPGカードといい、見た目はゴールドではないのですが、ゴールドカードと同じサービスが受けられます。

マリオットワールドのホテルで上級会員としてのサービスが世界で得られます。

カードに入会するだけで、ゴールドステータスとなり、そのステータスのサービスが得られます。

ステータスとは階級のようなもので、階級が上がると利用できるサービスが増え、同時に、ホテルで受けるサービス内容もひろがります。

当然ゴールドよりプラチナの方がランクが上になり、それを手に入れることで、より一層充実したサービスを得られます。

ワンランクアップのステータスを手っ取り早く手に入れる方法があります。

それは、【プラチナチャレンジ】と呼ばれています。

直接、アメックスに電話での申し込みが必要になりますが、手続きは非常に簡単です。

 

f:id:enjoy50s:20181116225928p:plain

 

プラチナチャレンジを達成する条件とは!

達成するためには「3ヵ月間」で「16泊」達成する必要があります。

達成すると「プラチナエリート」のステータスを獲得できます。

通常プラチナエリートを獲得するには、50泊/年する必要があります。

1年間で50泊するには結構ハードルが高く、時間とお金がかかります。

それが3ヵ月に16泊でクリアできるステータスになっています。

私は、旧チャレンジ、3ヵ月で9滞在の条件をクリアしています。

9滞在とは、連泊ではなく、9回ホテルに宿泊することが条件でした。

2018年5月からスタートして、7月でプログラムを終えています。

その後、2018年8月18日、世界最大のホテル会員プログラム【マリオットリワード】と【SPG】が統合し、新プログラムに改訂になりました。

 

f:id:enjoy50s:20181116225417j:plain

引用:マリオットホームページ

 

 SPGアメックスが世界でもっとも優れたカードであるのは何故か!

最大のメリットは、入会と同時に、世界的なホテルチェーンのマリオットリワードの上級会員資格【ゴールドエリート会員】のステータスになれることです。

通常であれば1年間に25泊以上利用する事が条件になりますが、無条件で獲得できます

そして世界中のマリオットホテルと、現在はSPGと統合したので、世界127ヶ国、約6500以上のホテルで上級会員としてのサービスを受ける事ができます。

このSPGアメックスカード1枚を持つことで得られる上級会員サービスは最強だと言えます。

私は今年の5月にSPGカードを実際に取得し、そのカードを使って海外のマリオットやリッツ・カールトンに宿泊し、そのステータスの価値を体験しています。

 

ゴールドエリート会員の特典!

◆会員料金

◆モバイルチェックインサービス

◆完全予約保証

◆ポイントサービス 25%

◆レイトチェックアウト午後2時

◆エリート専用予約ライン

◆部屋のアップグレード、空室状況に基づいて対応。

 

 プラチナエリート会員の特典!

◆会員限定料金

◆ポイントサービス 50%

◆レイトチェッアウト午後4時まで

◆エリート専用予約ライン

◆部屋のアップグレード(一部スイート含む)空室状況に基づいて対応。

◆ウエルカムギフトの選択(ポイント・朝食・アメニティから選択)

◆ラウンジへのフルアクセスと無料朝食。

 

ゴールドステータスとプラチナステータスの特典の違いはあります。

私が実際、ゴールドからプラチナステータスの権利を手に入れ、マリオット系のホテルに宿泊した実体験について少し紹介します。 

 

実際に宿泊したホテルで受けたサービスを紹介します。

国内と海外のマリオットに宿泊してみて思ったことは、サービス内容は同じでも、ラウンジの食事、朝の食事メニューの豪華さ、又は、部屋のレベルが圧倒的に海外の方が豪華で満足できる内容でした。

海外のホテルのクオリティ(サービス内容)は、日本のホテルのサービスを追い抜いているようです。

少し話が横にそれますが、日本のホテルはマニュアルが絶対的なので、基本以外のサービスはまず受け入れることは少ないように思います。

海外のホテルでは、それが可能で、本当のおもてなしを海外で多く体験しています。

マリオット以外のホテルでも、そのような前向きなサービスが多く存在しています。

詳しい内容は割愛しますが、日本的なサービスでいい面もありますが、海外に数回行くと、その海外的なサービスが心地よくなります。

 

国内のホテル

COURTYAD BY MARRIOTT新大阪(コートヤード・バイ・マリオット)

コートヤード新大阪では一番グレードの低い部屋を予約、高層階の部屋にアップグレードして頂きました。

クラブラウンジへのアクセスと朝食の利用も無料でした。

食事内容も満足できるサービスでした。

やはりこのSPGカードのステータスを実感する体験でした。

 

MOXY大阪本町(モクシー)

モクシーに宿泊した時は、朝食は無料で利用できましたが、ホテルのランクが低いためラウンジもなく、部屋もアップグレードされたか分からないぐらいでした。

マリオットとは違い、カジュアルなホテルです。

ホテルスタッフもTシャツにジーンズと黒で統一。

どちらも外国人観光客が多く宿泊しています。

そしてサービス内容の違いはありますが、利用してよかったホテルです。 

 

海外のホテル

台北コートヤードマリオット。

台北から少し離れた、南港駅直結でとても便利な場所にあります

ゴールドステータスのサービスは、部屋のグレードアップ・ラウンジアクセス・朝食の無料を受けることができました。

そしてレイトチャックアウト、 Wi-Fi利用も当然無料です。

 

台北マリオットホテル

台北中心部から少し離れた場所にあります。

受けたサービスは、部屋のアップグレード・ラウンジアクセス・レイトチェックアウト・Wi-Fi利用などがありました。

朝食はラウンジのみ利用でしたが、ラウンジでの食事でも十分な種類があり、満足いく内容でした。

 

JWマリオットホテル・クアラルンプール

クアラルンプールでも一番便利な場所にあります。

受けたサービスは、部屋のアップグレード・ラウンジアクセス・レイトチェックアウト・Wi-Fi利用無料などがありました。

朝食はラウンジのみ利用でしたが、満足いく内容の食事でした。

 

ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプール

JWマリオットの建物から通路で移動できる程の近い場所にあります。

受けたサービスは、部屋のグレードアップ・ラウンジアクセス・無料の朝食・レイトチェックアウト・Wi-Fi利用と24時間専属のスタッフによるサービス。

他のホテルと違うのが、24時間いつでも電話でバトラーサービスが無料で受けられます。但し、コーヒー・紅茶・オレンジジュースのみになります。

 

まとめ!

ざっくりの説明でしたが、SPGカードの利点が多く、一番安い部屋を予約しても、必ず部屋のアップグレードがあり、眺めのいいラウンジが利用でき最高のホテルステイを満喫できます。

カードの年間費は、税込33、480円と決して安くはないですが、ホテルで受けるサービスを考えると、それ以上に金額がかかっているのは間違いないでしょう。

空港で時間があれば、カードラウンジの利用もでき、同伴者1名も無料で利用可能です。

ホテルの場合も、同伴者は同じサービスを無料で受けることができます。

その他には、ポイントがたまればポイントで宿泊もでき、カード更新時期にはボーナスポイントがあるので、それのポイントでハイグレードなホテルに宿泊も可能です。

今後の旅ライフがより一層楽しく、充実した内容になるのは間違いないでしょう。