trip and life

マレーシア、クアラルンプール 【 JW MARRIOTT 】に宿泊、周りは高級ブランド通り!

皆さん。こんにちは!

マレーシア、クアラルンプールの「JW MARRIOTT」に宿泊してきました。

地名は「ブキッ・ビンタン」KL最大のショッピングエリアで、東京に例えるなら銀座通りのような高級ブランド店が集中しているエリアになります。

JW MARRIOTT、便利で立地も良いホテルなので、皆さんに紹介したいと思います。

 

マレーシア、JW MARRIOTTとはどんなホテル!

f:id:enjoy50s:20180915160343j:plain

正面から取った写真です。 

f:id:enjoy50s:20180915161212j:plain

 正面から入ると広々とした空間があり、天井が高くて解放感があります。

f:id:enjoy50s:20180915161753j:plain

 1階にエレベーターが4基ありますが、ドアは全て金色。

今回このホテルに1泊します。チックイン時はすごく丁寧で細かな説明がありました。

そして一番うれしいのが、SPG会員(マリオットのプラチナプレミアエリート)ということで、部屋をアップグレードして頂きました。

SPG会員とは何か!

SPGアメリカンエキスプレスカードに入会すると、ゴールド会員資格が提供されます。

「マリオット、SPG・ザ・リッツ・カールトン」のゴールドエリート会員として扱われます。

ゴールド会員の特典。

レイトチェックアウト午後2時まで。

お部屋のアップグレード(高層階のフロア)

旅によくいかれる方は、お得なサービスがあるので入会する価値はあるように思います。

マリオットグループ(SPG/ザ・リッツ・カールトン)含む世界6、500施設に適応されるサービスになるので、旅が好きな方には、ホテル滞在がリッチになります。

支払った金額は日本円で、税金込み、15,309円でした。

一番グレードの低い部屋を予約しても、アップグレードにより高層階の部屋になるのがありがたいです。

プラチナ会員の特典

高層階のアップグレードがあり、クラブラウンジが使い放題、朝食も泊数だけ利用出来ます。

レイトチャックアウト4時まで、内容がかなりよくなります。

ゴールド会員からプラチナ会員になる方法があります。

3ヵ月以内に合計で16泊する事が条件になります。

この場合、マリオットに電話でプラチナチャレンジをする事を伝える必要があります。

これもSPG会員ならではの、特別なサービスになります。

まずは、SPG加入が始まりになります。

年間費は3万5千円と少し高いですが、年1回ボーナスポイントがもらえるので、そのポイントでマリオットの好きなホテルに1泊出来るので、高いともいえないです。

今の私のステータスはプラチナプレミアエリートです。

 

27階高層階の部屋はこんな感じです。

f:id:enjoy50s:20180915163500j:plain

エレベーターで高層階へ。

f:id:enjoy50s:20180915164429j:plain

 部屋の天井が高いので、通常より広くてさすがハイグレード感はあります。

ここを選んで良かった、部屋を見た時に思いました。

f:id:enjoy50s:20180915164507j:plain

ベットはキングサイズなので、2名でもかなりゆとりがあります。

f:id:enjoy50s:20180915164619j:plain

パソコンするのに丁度よいテーブルとイスがあります。

室内は茶系で統一されていて、落ち着いた雰囲気があります。

伊丹、7時35分のフライトで出発してからホテルの部屋に着いたのが20時ぐらいでした。移動で疲れたので、この部屋に入ると癒される感じがします。

f:id:enjoy50s:20180915165320j:plain

コーヒーメーカーがあり、水は数本置いています。

冷蔵庫には、ソフトドリンクとビールが入っていますが、全て無料です。

トイレとバスはセパレートになっているので使いやすく広いスペースが確保しています。

ホテルのラウンジはこんな感じです。

f:id:enjoy50s:20180915210002j:plain

ラウンジは広くて、高級感もあり、テーブルの配置も詰めている感じがないのがいいですね。

朝のモーニングを食べに行きましたが、利用している人は4人程で店内はガラガラでしたが、男性スタッフが4人接客対応としていたのが、日本では見ない光景なのでした。

マレーシアでは、カフェに行っても女性より男性スタッフが多いようです。

f:id:enjoy50s:20180915210201j:plain

食事はキレイに配置されているので、不潔感はまったくなく日本のホテルと殆ど同じ。

f:id:enjoy50s:20180915205822j:plain

 

f:id:enjoy50s:20180915205847j:plain

フルーツは切った物とそのままの状態の物が置いてありました。

私はコーヒーが好きなので、必ず海外に行ってもホテル内やカフェでよく飲むのですが、ここのコーヒーも間違いなく美味しかったです。

f:id:enjoy50s:20180915205911j:plain

写真を見ても分かるのですが、ジャム4種類とバターがあります。

f:id:enjoy50s:20180915205938j:plain

デニッシュがあります、おススメはマフィンです。

f:id:enjoy50s:20180915213131j:plain

この場所は吹き抜けのレストラン街になっている素晴らしいところです。

夕方になると生バンドで演奏などもしていますので、結構楽しい場所です。

まとめ

知っておくと便利な事は、ホテル内のエアコンが効きすぎて、かなり寒いので、長袖でちょうどいいぐらいです。

またパビリオン内に長時間いると、身体が冷えすぎて辛いので、カーディガンなどを持参した方がいいように思います。

ホテルの前に巨大パビリオンがあります、なんと東京ドーム約3倍、550以上の店舗数があります。

こことは別のモールには、日本でお馴染みのユニクロやZARAなどもあります。

コンビニエンスストアはセブンイレブンがホテルから近い場所に1店舗ありますが、内容は日本のコンビニとはかなり異なります。

マレーシアの発展には驚くばかりで、食・文化・ファッション・人すべてが初めて目にする光景でした。

 今回の旅で、私が知った範囲での人は親切でしたが、一応外国なのでそれなりの注意は必要だと思います。