trip and life

京都二寧坂【古民家】外国人が多く訪れる【Starbucks coffee】【old private house】おススメ‼

季節の移り変わりが激しく、体調管理が大変な時期ですが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

ようやく気候も少し涼しくなり、気分転換のため、久しぶりに京都に行って来ました。

目的の一つは、京都の二寧坂にあるスターバックスに訪れる事です。

外観は、どこからみても古民家、分かりづらいので見逃さないようにして下さい。

 

 

京都二寧坂のスターバックスはこんな感じ。

f:id:enjoy50s:20181008091928j:plain

ここの店舗は、100年前の古民家をリノベーションしています。

現在もその古民家が維持し、中で世界のスターバックスが営業をしています。

営業時間:朝8時~夜20時まで。

 

二寧坂周辺は時代を過去にワープしたような街並み。

f:id:enjoy50s:20181008225556j:plain

周辺にも民家をリノベーションしたカフェやレストランやお土産屋がたくさんあります。

f:id:enjoy50s:20181009160035j:plain

このエリアは有名な観光スポットで、清水寺や五重塔にも近く、迷路のような通路がたくさんあります。

そして、レンタルの着物を着た観光客がとても多く歩いています。

そして殆どが、石畳の階段のアップダウン、長時間歩くと結構足がたいへんなことに。

 

スターバックスの店舗内はこんな感じ!

f:id:enjoy50s:20181008131106j:plain

朝9時30分ぐらいに着いたのですが、すでに多くのお客さんで賑わっていました。

店内は、とても静かでリラックス感は最高。

和と洋がマッチした、とてもおしゃれな内装が印象的です。

レジの女性の方は、とてもフレンドリーで、この前シアトルのスターバックスに行った話をされていたのが印象的でした。

 

f:id:enjoy50s:20181008131418j:plain

メニューは他の店舗と変わらず、京都限定などはないです。

丁度この日に、シアトル1号店とここでしか取扱っていないコーヒーが飲めるということで、それを注文することにする。

f:id:enjoy50s:20181008131436j:plain

入口と出口が分かれており、壁にマークが描いている方が出口になります。

f:id:enjoy50s:20181008171614j:plain

昔から、京都の家はうなぎの寝床と呼ばれていて、奥深さがこの写真を見て頂ければ分かって頂けると思います。

f:id:enjoy50s:20181008173740j:plain

レジの後、こちらでドリンクを受け取るようになっていますが、コーヒーはレジカウンターでの提供のようです。

なんとも京都らしい雰囲気が印象深いです。

f:id:enjoy50s:20181008174133j:plain

この階段は2階フロアに下りる専用で、上る階段は反対側にあります。

みてのとおり、かなり狭いので、ひとりがやっと上がれる幅で、すれ違いが出来ないので分けているようです。

 

2階フロアは長い廊下で移動。

f:id:enjoy50s:20181008174530j:plain

2階の廊下はこのような感じで、床や壁を見れば年代を感じます。

トイレは新しく、暗唱キーがいるのでレシートは捨てないように注意。

レシートにキー番号が記載されています。

 

店内の畳席は3部屋ありますが、こんな感じです。

f:id:enjoy50s:20181008205353j:plain

 一番奥にあった部屋は少し広く8名ぐらい、座れるようになっています。

f:id:enjoy50s:20181008205612j:plain

ここは4畳半ぐらいの大きさの部屋で、当時はお茶室に使っていたのかも。

f:id:enjoy50s:20181008205409j:plain

今回、私と妻が利用した畳の部屋には、小さなテーブルが置いてありました。

4名が利用できるようになっていました。

 

外国人旅行者とのエピソード。

座敷席に、外国人旅行者の男女が入って来ました。

そして、男性から話しかけられたのがキッカケで、その後1時間ぐらい話込み、彼らと楽しい時間が過ごせました。

旅は2週間の予定で、広島・奈良・大阪・京都と最後に東京へ戻って帰国だと言っていました。

驚いた事に、男性はスターバックスに勤めているマネージャーで、世界中のスターバックスを巡っていると言っていました。

彼の奥さんから、アメリカのスターバックスカードをプレゼントして頂きました。

そんなエピソードがあったスターバックスは、外国人のお客さんが多いのも特徴のひとつです。

あなたも何かここで思い出を作ってみてはどうでしょう。

 

まとめ 

京都の有名な古民家のスターバックスの紹介はいかがでしたか。

満足いく内容ではなかったかもしれませんが、京都へいかれる機会があれば、

一度訪れてみてはいかがでしょうか。