trip and life

機内を快適に過ごすための工夫、【which do you choose a window seat or an aisle seat】?

海外旅行に行く長いフライト時間を少しでも快適に過ごすために、どのような工夫をするでしょうか。

色々な工夫はあると思いますが、どこの席に座るかが重要なポイントだと思います。

今回は、エコノミークラスを対象に考えてみたいと思います。

 

 快適に過ごせる席は窓際か通路側か!

f:id:enjoy50s:20181031171423p:plain

あなたは窓際席か通路側席どちら派でしょうか。

どちらを好むかは人それぞれ違いますが、まず多いのは窓際席だと思います。

そしてある統計では、70%以上の方が窓際を選んでいます。

この数字だけをみても多くの方が窓際席を選んでします。

もう少し両方の席のことについて詳しく比べたいと思います。

窓際のメリット!

理由は「空ならではの景色に癒される」「地上では見れない空の世界が見れる」と行ったことではないでしょうか。

またそれ以外に、窓の方を向いていれば隣の席の人と顔を合わせる事もなく、ストレス度が少ない事が理由だと思います。

窓際のデメリット!

いい事ばかりではなく、長時間のフライトになれば特に窓際は寒いのがあります。

ブランケットを借りていても、足元が冷えてくるのでそれなりの対策が必要です。

そしてトイレに行くたびに、隣の席の方に声をかけて席を空けて貰わないという面倒な事があります。

通路側のメリット!

通路側はトイレに行きやすいのと、エコノミー症候群を避ける為に時々体を動かす時に動きやすのが理由だと思いまうす。

また、ドリンクなどキャビンアテンダントに方にお願いしやすいのがあります。

通路側のデメリット!

飛行機の醍醐味でもある、空の景色が見れないのがあります。

また、窓際の方がトイレに行かれる度に、席を立つ面倒な手間があります。

どちらがいいのか意見が分かれるところですが、 フライトの時間帯によっても機内の過ごし方は変わります。 

フライト中のストレス度?

ある調査で最も多かったのは「周囲の人の物音や動きやにおい」が40%以上。

フライト中は狭い空間の中にいるのと、隣の人との距離が近いのがストレスの原因になっているようです。

それに続いて、退屈、眠れない、足や身体の痛み、乾燥による身体の不調など。

確かに機内は乾燥しているので、睡眠時はマスクをする方がいいでしょう。 

機内を快適に過ごすための工夫!

機内でも映画を観たり、音楽を聴くなど、自分の好きなことが出来る環境を作る事がとても大事なことだと思います。

海外路線には殆どモニターがついているので、それを利用するのもいいですし、ipadで映画を観たり、パソコンなどを持ちこんで何かに集中する事で改善されます。

ipadには事前にお気に入りの映画をダウンロードしておきましょう。

本なども同じくダウンロードしておくこともいいかも。

少しでもリラックスできる環境を作ることがいいように思います。

まとめ!

いかに機内で快適な時間を過ごすかは、席の位置が大きく影響することが分かります。

しかし、どちらにしても長いフライになれば、間違いなくそれなりのストレスがあります。

どのようにしてストレスを軽減するかは、ある程度の工夫と事前に知っていると便利な知識なども関係あるように思います。

それともうひとつある程度慣れてくることもあります。

例えば、高度が上がると耳が詰まることは誰もが、経験されると思います。

何回乗るとそれも無くなり身体がある程度、その環境になれてくるとは思います。

但し、あまり飛行機に乗らない方には、ある程度工夫をした方がいいように思います。