trip and life

台中で、宿泊したホテルのデザインが、ちょと斬新‼

f:id:enjoy50s:20180906173034p:plain

2018年1月、今年初めての旅に台中を選びました。

理由は近くて便利、そして台湾が大好きで、今回台中の旅は2回目になります。

台中の友達に、色々教えてもらいハマりました。

台中で安くておしゃれなホテルを探していたら、こんな変わったホテルを見つけました。

行ってお得なホテルだったので、皆さんにレビューします。

 

台中のホテル「BLUE-SKYHOTEL1969」

台中駅からタクシーに乗って約30分ぐらいの場所にあります。

この日は、台中は大雨、車も混んでいて、結局1時間ぐらいかかりました。

台湾はタクシー料金の支払いは、800円ぐらいだったと記憶しています。

ここで「プチ情報」台湾タクシーは、乗車時間はカウントされない。

距離のみになります。だから混んでいて時間がかかっても大丈夫、料金は上がらないので安心です。

ホテルに着いて早速正面入口の写真を撮ります。 

トランクケースを積み上げたレトロなホテル。

f:id:enjoy50s:20180706120639j:plain

 レトロなモダン調のドア。

f:id:enjoy50s:20180706120700j:plain

まず、ドアを開けると目に飛び込んでくるのがこの大きなシャンデリア。

そして、壁一面に隙間なく積み上げられたアンティークなトランクケース。

映画のセットのようで、ワクワクしますね。 

f:id:enjoy50s:20180706121430j:plain

アールデコ調のクラシックなエレベーター。

f:id:enjoy50s:20180706133956j:plainこのホテルのフロント係は、日本語が堪能な方がいて、ホテル周辺の事なども詳しく、教えて頂けます。

色々と聞いてみると、有名な宮原眼科も近くだそうです。以前行った事があるのですが、観光客の多さにびっくりです。 

部屋はモダン調で、結構細部までこだわっています。

レンガの壁・コンクリートの壁が白い天井と調和しています。

f:id:enjoy50s:20180706141030j:plain

 部屋はこんな感じで暗いです。

それと窓があるのですが、光はあまり入ってこないで基本暗いです。

f:id:enjoy50s:20180706141136j:plain

デスクに目をやると、ホテル名にちなんだブルーのコーヒーカップが置かれ、

その横にはカプセル式コーヒーメーカーがある。

本格的な味わいのカプセル式コーヒーが無料で飲めます。

f:id:enjoy50s:20180706141240j:plain

 おしゃれなレストランで朝食。

f:id:enjoy50s:20180706140849j:plain

天井まで届く大きなガラス窓と1950年代風の家具が置かれた店内は、まるで古き良き時代のアメリカのダイナーにいるような気分になれます。

f:id:enjoy50s:20180706141408j:plain

f:id:enjoy50s:20180706141907j:plain

 朝食はビッフェスタイル。

f:id:enjoy50s:20180706140912j:plain

f:id:enjoy50s:20180706140935j:plain

朝食は、中華・洋食など、野菜の多いメニューもあります。

フルーツやプチスイーツなどもあるので、食後のデザートとして満足です。

毎日、一部メニューが変わるのでありがたいです。

朝食時に日本の方も来られていたので、結構知っている方も多いのではと思います。

近くで、食べるところが少くないので、朝食付きで予約をする方がいいと思います。

台中でおいしいパン屋さん。

f:id:enjoy50s:20180706145715j:plain

ここが、ホテルから歩いて30秒ぐらいのところにあります。

日本にはないサンドイッチと蒸しパンを買ってみました。

味は蒸しパンの方が美味しかったです。

昔懐かしい日本のあったような、雰囲気のパン屋さんで地元では人気のようです。

是非、行って見て下さい。

まとめ

2018年1月に訪れたのですが、あいにく毎日雨降りで、ホテル周辺の探索が出来ませんでした。

また季節を変えて訪れたいと思っています。

台中の経済発展が意外にも進んでおり、おどろいています。

でもまだローカルな街並みも多くありそうで、次の旅が楽しみです。

台中は、台北と違ったローカルなところがあるので、是非機会があれば訪れてみてはいかがでしょうか。