trip and life

シンガポールの旅、20年前と比べる!

 マリーナベイサンズ

f:id:enjoy50s:20180702130041j:plain

セント・アンドリユーズ 大聖堂 

f:id:enjoy50s:20180702132336j:plain

オーチャード通りの夜は華やかでキラキラしている。

f:id:enjoy50s:20180702132417j:plain

f:id:enjoy50s:20180702132443j:plain

2017年11月にシンガポールを訪れる。

日本に負けずの大都会で、正直驚きましたね。

風土は、日本に比べると圧倒的に緑が多いので、さすが南国感は満載。

人種は、中国系・インド系・アラブ系・欧米系の人を多く町で見かけました。

それ以外は日本にいるのとあまり変わらず、ここは海外だと実感がわかない。

たぶんそれは、治安もよくて、日本人も多くいて、便利もよく、困る事があまりないからだと思う。

今回は期間が4日間と短い旅でもあり、あまりたくさんの場所に行くことが出来ませんでした。一般的な観光スポットをざっくりと私なりに紹介しますね。

 

 

 オーチャード通りが、活気があっていい。

建物多さそして、レストランやカフェの数、ブランド店数が増えている。日本でもよく見かける有名ブランドメーカーなどが多くあり、海外にいる感覚が沸かない。

オーチャードは歩行者専用ロードが広いので、町を散歩していても気持ちがいい。

むかしよりは人も多くごみごみ感はあるが、大阪の心斎橋や道頓堀を知っていれば、天国のような場所だ。治安は日本なみにいい。だから安心できる。

日本と大きく違うところは、多国籍の人がとても多い、これは日本にはない光景だ。

国際化している事は間違いない。

言葉は日本語はあまり通じない、少しの英語が使えれば問題なし。

 

初めて訪れるマリナーベイサンズ。

よくテレビの旅行番組で見ていたので、とうとう来たって感じでした。

思っていたより感動はなかったが、ホテルの建物の大きさに驚いた。

入口には多くの外国人の方が、タクシーやバスから乗り降りする風景が目についた。

さすが国際的に有名なホテルだと実感する。

奥に入ると大きなモールと繋がっており、高級ブランド店やレストラン・カフェがいたるところにあります。

とにかく広くて初めて行くと少し迷ったりします。そして、ここで見つけた有名な紅茶のカフェTWGを紹介します。

 TWG紅茶専門店

f:id:enjoy50s:20180702143736j:plain

 1階店舗

f:id:enjoy50s:20180702143754j:plain

 ここに着いたのが15時前、丁度カフェタイムで、多くの人が並んでいました。

仕方なく並ぶことにしました。

約20分ぐらいで案内して頂き、やっと座る事が出来ました。

ここのWTCは台北101タワーで行った事があります。

今回海外で利用するのは2回目です。とにかく紅茶の種類がありすぎて何を選んだらよいのか分からない。

紅茶の好きな方は、たぶんテンションが上がるのでは。

スイーツもあるので、一緒に注文する事をお勧めします。

値段は結構高い。2人で3,500円ぐらいだった。

 

20年前の想い出がある、セントサ島に行ってみる。

20年前に行った時に、大きなプールがあって、そこで泳いでいたのを覚えています。現在はなく違うところに新しく出来ている。

以前は木々が多くて、まるでジャングルの中にあるオアシスのような場所でした。

現在はユニバーサルやショッピングモールなど多くの建物があり、環境面の整備が昔より良くなっていました。

その反面自然のオアシス感はなくなっていました。少し残念、今のセントサ島は、誰でも確実楽しめるのは間違いないです。

大きな水族館があるので行ってみて、そしてモノレールの移動で、行きたいエリアに行けるので、全てまわる事も可能。まずは、セントサ島エリア内のカタログをゲット。

ナイトサファリなども人気があるようで、1日はここで楽しむのがいいかも。

ユニバーサルスタジオの入り口。

f:id:enjoy50s:20180702170431j:plain

セントサ島のマーライオンはデカい、中から上に登れるようになっている。

f:id:enjoy50s:20180702172958j:plain

マーライオンの周りにはお土産店が多くあります。

f:id:enjoy50s:20180702172947j:plain

レストラン街は、広いので何を食べるか探すのに疲れる。

私は、ハードロックカフェに行ってみました。

大阪にもあるのですが、ここのバーベキュー・リブが最高に美味い。ハンバーガーも肉肉しくてがっちり系。後はステーキなんかも美味しい。

そしてビールがなくては始まらない。冷たい生ビールなんとも美味い。

ビール好きにはたまらない。ランチの時間帯は、混んでいるので、少し前に行くと空いていますよ。

Advuce

シンガポールはアルコールがかなり高いので、覚悟しておいてね。タイガービール1本800円以上するから。

レストランで生ビール、何杯も飲んでいると会計の時ビックリすることに。食事代より高くなるので注意してね。

シンガポール航空でエアバスのビジネスクラス、初体験!

飛行機に興味のある方は読んで頂ければと思います。

●行きのフライト 関西国際空港~チャンギ国際空港 A330

●帰りのフライト チャンギ国際空港~関西国際空港 A380

 同じビジネスでもシートの違いすぎる。

A330はビジネスクラスのモデルが古い感じ。広さは申し分ない。

A380のビジネスクラスのシート最高。広いベットのようだ。予想どうり。

写真がA330のビジネス

f:id:enjoy50s:20180702205252j:plain

f:id:enjoy50s:20180702205325j:plain

f:id:enjoy50s:20180702205353j:plain

写真がA380のビジネス

f:id:enjoy50s:20180702205415j:plain

f:id:enjoy50s:20180702205435j:plain

前に座られていた方が小さい子供さんと一緒に寝ていましたが、広さは十分。

一人席を取らなくてもいい年齢であれば、ビジネスクラスがお勧め。

同じ席でもゆっくり機内で過ごせるので。幾度かそのような光景を見ています。

やはりビジネスクラスはいいですね。

 

 

www.enjoy50s.com