trip and life

台湾 MRTと新幹線の移動が便利です。

f:id:enjoy50s:20180611170533j:plain

 ハーイ、皆さま、こんにちはです。

 初めて利用した台湾新幹線。

日本の新幹線と乗り心地も、全てがほぼ同じで見分けがつかな程です。

そんな新幹線で台中までの移動手段として利用しました。

新幹線の利用について、少し紹介したいと思います。

 

 

 

桃園国際空港から乗るMRTについて!

MRTで台北駅まで移動するのが、早くて、価格も安いです。

急行で台北まで35分位です。

普通に乗ると1時間以上かかりますので注意して下さい。

乗る前に、確認してから利用しましょう。

 

空港内からMRT駅の移動はどうか。

空港内からMRT駅へ直結しているので便利です。

乗り場は、地下になっています。

そしてMRT乗り場の表示が出ていますので、直ぐに分かります。

重たい荷物があってもベルトコンベヤーエスカレーターがあります。

料金はどれくらい。

台北まで400円ぐらいです。

初めての方は、切符の購入前に、悠遊(ゆうゆう)カードを買う事をおススメします。特に電車利用が多い場合、現金でその都度、切符購入する必要がありません。

 

悠々カードて何ですか?

このカードは東京で言えば、SUICAのようなカードです。

電車を多く利用される場合はとても便利です。

日本と同じようにチャージ式になっています。

購入方法は簡単。

MTR乗り場に販売機があるので、簡単に購入できます。

日本語音声対応も出来ます、そしてそこには、親切な駅のスタッフの方がいらっしゃいますので、分からない事は教えて頂けます。

 日本のカードと違うところ。

このカードのすごいとこは、金額が足りない場合でも目的地まで、チャージなしで利用出来ます。

次のチャージで利用した金額が引かれます。

日本はこのシステムはないので、時間のない急いでいる時にはありがたいです。

 悠々カードの便利さを知る事になる体験。

台北からMRTで桃園国際空港まで行く時に、カードの残高がたりなく、持ち合わせの台湾円もなくてチャージが出来なく、時間もなく、駅員さんに日本円でチャージ出来ないか聞いてみる。

それは無理ですと言われました。

取り合ずカードがあれば、桃園国際空港まで行けるので大丈夫ですと言われました。

半信半疑のまま電車に取り合えず乗りました。

結果チャージなしでそのまま改札口を通過しました。

私と妻はなんとマイナスで通過出来た事に感激しました。

何故か疑問に残ったので、調べてみると初めにカードを購入(100台湾ドル)

その分があると残高が足りなくても、利用できるようです。

 新幹線乗り場はどこですか。

新幹線利用する場合、MRTで5駅の桃園駅で降りて乗り換えになります。

一旦改札口を出て、新幹線乗り場へ移動する。

どちらにしても、同じ駅なのでとても便利です。

台中へ行く場合。

桃園駅から新幹線に乗換えます。

乗る前に、新幹線のチケットを購入します。

台中までは約45分、早くて快適です。

※新幹線構内は広くて、売店やカフェがありますので、時間あれば利用するのもいいかも。

 

桃園駅には、アウトレットモールがあります。

グロリアアウトレットが桃園駅の前にあります。

台湾で初めて出来たアウトレットモールのようです。

殆ど日本と変わらないブランドの店が多くあります。

地元の方の憩いの場のようで、特に昼間はのレストラン街は多くの人で賑やかです。

 

新幹線のビジネスシートはこんな感じ。

 日本の新幹線のグリーン車と比べても変わりはないです。

台中に行くときに、初めて利用したのですが、席は満席です。

快適さ日本新幹線と同じで、静かで、座席も広くて、快適です。

ビジネスには、コーヒーとお菓子のサービスがついています。

席についてしばらくすると、専門のスタッフの方が、カートで回って来られます。

価格については、ビジネスシートで台中まで行くと片道4300円位(日本円)かかります。けして安くはないですが、それなりの価値はありだと思います

f:id:enjoy50s:20180609093817j:plain

  ビジネス車両はしずかでゆったりとしています。

f:id:enjoy50s:20180609093735j:plain

 利用するキッカケ

台中の友達と別れて、台北に戻る時に、普通席の窓口が混んでいて、ビジネスシート窓口が空いていたので、購入する事になる。

それから台中に行くときは、このビジネスシートを利用しています。

節約旅行には、少し出費になりますが、快適さは裏切らないので、利用する価値は十分にあると思います。

台中に行かれる時があれば、一度乗ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 タクシー情報